Googleフォトの無制限アップロードサービスが終了! 15GB以上保存する場合は有料に

先日もwepRESSでも紹介した「Googleフォト」は写真や動画のバックアップが容量無制限でできる便利なサービスだったのですが、その無制限サービスが2021年5月末をもって終了することが発表され話題となっています。

冷静に考えればどんなに写真や動画をバックアップしても無料というのがすごすぎたのですが、今後はGmailやGoogleドライブなどとあわせて15GBまでが無料ということになります。これまではGoogleフォトにアップロードされたファイルはGoogleドライブの容量をカウントしなかったのですが、それがされるようになったと考えるのがわかりやすいかもしれません。

すでに15GBを超えるファイルをバックアップしている場合は2020年5月末をもって一部ファイルが消えてしまうのではないかと心配になってしまいますが、期限前にバックアップしたファイルは引き続き保存されるようなのでとりあえず一安心です。ただし2020年6月1日からは新規のバックアップを一切取れない状態になってしまいます。

Googleは「15GBの容量があれば8割のユーザーが3年間アップロードできる」と発表していますが、もし15GBの容量を超えてもGooleフォトやGoogleドライブなどのサービスを継続して使いたい場合は有料の追加プランを検討する必要があるでしょう。100GBにアップグレードするプランが最安で、月額250円が必要となります。

また、課金をしたくない場合はほかのサービスを利用するというのもひとつの手段です。例えばAmazon Primeの会員であれば無料で「Amazon Photos」を使用することができます。

Amazonのほかのサービスもよく利用しているという方はこの機会に写真のバックアップをAmazon Photosに委ね、Googleの方をGoogleドライブとGmailのみで使用するといいかもしれません。ただしこちらは動画が無制限アップロードの対象外となっているので要注意です。

それにしても、これまでGoogleはさまざまなサービスを無料で提供してきましたが、今後はほかのサービスも有料化される可能性があるということは頭に入れておいたほうがよさそうですね。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像