ペットにもYouTubeを見せる時代がやってきました

家事などで手が離せないときに、お子様にスマホを渡してYouTubeを見せておけば画面に集中してくれるので助かる、というのは最近よく聞く話。便利だけど見せ過ぎはよくないとか、その賛否はよく議論になっていますが、次は子どもだけでなくペットにもYouTubeを見せるのが当たり前になるのかもしれません。

我が家では猫をとてもよく人になついている猫を一匹飼っているのですが、料理中にキッチン台に登ってきたり、食事中に食卓でウロウロしたり、仕事中にパソコンのキーボードに乗ってきたりと、なつきすぎも困ったものだと感じることもしばしば。

そんなときにテレビに何かが映っていると猫はそちらに気を取られ、邪魔をされずに済むことがあったのですが、ふとYouTubeで猫用の動画があったりしないものかと調べてみると……ありました、ありました! 猫の気を引くさまざまな動きを収録した動画がたっぷりと出てきました。

「猫用 動画」の単語で検索をしてみると動きで猫の興味を引く動画のほかにも、猫が寄ってくる音を再生する動画や、猫がリラックスできるBGMなども見つかりました。本当に効果があるのかはわかりませんが……。

というわけで、再生回数が多かったこちらの動画を猫に見せてみることにしました。

動画を再生してみると蝶、鳥、ネズミなどの生き物や、ひもや猫じゃらしなどが代わる代わるに画面に登場。不規則な動きを繰り返していきます。早速、テレビでこちらの動画を映してみると……

なんと、猫は完全に画面に釘付け! さらにしばらくすると本物の生き物やおもちゃを追いかけているかのように画面をタッチして捕まえようと試み、動画が終わるまで30分間ずっと集中し続けていました。これはすごい!

薄型のテレビで見せる場合は本体を倒してしまったり、画面に爪で傷をつけてしまったりしないように気をつけないといけませんが、猫に邪魔されたら困るときには大活躍してくれそうです。

それにしてもペット用の動画がこんなにたくさんあるとは思いませんでした。もうすでに多くのご家庭でペット用の動画が欠かせないものになっているのかもしれません。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像