インプレッションとは?│Web用語集

「インプレッション(impression)」とは、ネット広告の効果を示す際に使われる用語で、広告が表示された回数を意味します。

広告を掲載しているページが表示されたタイミングで数値がカウントされます。つまり「1インプレッション」というと、広告が1回表示されたということになります。

TVやラジオのCM、雑誌や新聞内の広告、駅や街中にある看板などと違い、ネット広告はインプレッション数を把握できるため、どのくらいの人に広告を見てもらえたかを把握することができるのです。

インプレッションについてもっと知りたい方は下記をご覧ください。

目次

他のサイトでの説明
インプレッションとPVの違い
復習クイズ

●他のサイトでの説明

初心者向けのわかりやすい解説です。
https://www.seohacks.net/basic/terms/impression/

こちらはより詳しい解説です。
https://udemy.benesse.co.jp/marketing/impression-meaning.html

●インプレッションとPVの違い

インプレッションと似た数値にページビュー(PV)があります。

PVはページが表示された回数を示す数値なので、インプレッションと同じ数値になることが多く、同じ意味だと思われやすいのですが実際は違います。

例えば、あるページに5つ広告が掲載されている場合、そのページを表示させるとPVは1となりますが、インプレッションは5になります。

以前は1ページにつき1広告が一般的だったため、PVとインプレッションが同じ数値になることが多く、これが原因で同じ意味だと思われやすい理由です。

●復習クイズ

説明がわかりづらい、間違っているなど御指摘ありましたらお問い合わせよりご連絡いただけると幸いです。


【PR】


さいたまのホームページ制作運用定額プラン2x2(ツーバイツー)のご案内


長尺動画制作パッケージのご案内│新浦和映像